高麗連邦共和国になると韓国消滅!日本は経済難民と安全保障を強化せよ!

韓国の次期大統領が
ムン・ジェイン氏になりました。

ムン・ジェイン氏はご存知の通り
反日新北派です。

そもそも韓国大統領選に興味がね!

という方もいらっしゃるかもしれませんが、
韓国が消滅するかもしれないとなると

無視するわけには行かないでしょう。

日本にとって悪い事態になりますから。

スポンサードリンク

高麗連邦構想とは

簡単に言うと、一国二制度です。
安全保障を含む外交政策だけ統一して、
内政を別でやりましょうと言うことです。

先に統一を実現させて、しばらくして
両方の国民に「どっちの政府がいいか」

最終的に国民投票できめる手はずです。

 

もともと高麗連邦の創設案は
金日成が生前からあがっていた提案ですが、

韓国国内に共産党を作ることを容認する事と、
在韓米軍の撤退を要求していたので、

当初の韓国では受け入れがたい内容でした。

しかし、2000年6月に
金大中大統領と金正日委員長の間で結ばれた
6.15南北共同宣言で、

『緩やかな統一』と言う方向性が確認されました。

高麗連邦共和国になると韓国消滅

 

高麗連邦で『緩やかな統一』を目指すと
されましたが、

このたび、ムンジェイン氏が大統領に
なることで、現実味が出てきました。

おそらく、ムンジェイン氏は
緩やかな統一を目指すでしょう。

そうなると、近いうちに
在韓米軍は撤退します。

関連記事⇒ムンジェイン当選で米軍撤退する!

 

それは中国やロシアも歓迎するでしょう。

先に統一してからのちに、
両国民による投票で、
どちらの政府に統一するか決める。

これは北朝鮮にとても有利です。

北朝鮮は全国民が一枚岩で
意見が統一されています。

逆に韓国は、
親日以外は自由に意見が言える国です。(-_-;)

なので、バラバラの意見になるでしょう。

そこにロシアや中国が選挙に介入して
金王朝を選ぶように仕向けるでしょう。

もしかしたら情報統制も
あるかも知れません。

 

関連記事⇒文氏が当選で朝鮮半島統一

 

南北朝鮮半島統一・・・。

 

統一してしまえば、
北朝鮮に対抗する目的で存在していた
在韓米軍も撤退するでしょう。

 

かくして朝鮮半島は平和裏に統一され
韓国は消滅することになります。

 

まとめ

韓国が無くなってしまえば、
北の将軍様の王国になるんでしょうね。

 

そのまま『朝鮮民主主義人民共和国』
になるのでしょうか。

それとも『黒電話民主主義共和国』
になるかもしれません。

 

いずれにしても、韓国の
緩衝地帯としての役目がなくなり

その役目が日本になるかもしれません。

そうなると安全保障と、
韓国からの経済難民に対処することを
今から考えていかなくてはなりません。

文氏は政策で財閥をたたくそうですから
韓国経済の衰退も予想されます。

さあ、

全く韓国に興味がなかった人も、
今後の行方を注目せざるを得なくなりました。

 

ロシアといい、朝鮮半島といい、中国といい。

本当にめんどくさい隣国ばっかですね(@_@;)

なんか泣けてきます(T_T)

最後まで読んでくださって
ありがとうございました!

文氏はおそらく2017年10月ごろに
何か大きな動きをすると思いますよ。

関連記事⇒ムンジェインを占う

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA