【韓国大統領選】新大統領が北朝鮮寄りだったら、 今後の展開はどうなる?

日本のおっさんを向上させるブログ
『おっさんフォース』管理人のみつーです。

朝鮮半島情勢が緊張感する中、
韓国の大統領選がスタートしました。

最終的に5人の候補者が出てきましたが、

本命は

「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏
「国民の党」安哲秀(アン・チョルス)
一騎討ちとなる見通しです。

二人はともに反日思想ですが、
文在寅(ムン・ジェイン)氏の方が反日度が強いです。

盧武鉉政権時代に側近として活躍していたため、
北朝鮮の工作員と揶揄(やゆ)されるぐらい北朝鮮に融和的です。

文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領になった場合、
いったいどんなことになるのか、

可能性を考えてみました。

スポンサードリンク

北朝鮮よりの文在寅(ムン・ジェイン)氏の政策

文在寅(ムン・ジェイン)氏の政策は
大きく5つに分けられます。

  1. 日韓慰安婦合意の破棄
  2. THAAD配備は次の政権で検討すべき
  3. 日韓関係を「用日論」に修正
  4. 公務員81万人雇用など経済対策
  5. 対北朝鮮の融和政策

細かく見ていきましょう。

 

1.日韓慰安婦合意の破棄

これは誰が大統領になっても
掲げられる政策でしょう。

本当に、この人たちほど『不可逆的』
という言葉が通じない人たちはいないでしょう。

国際条約は普通、『不可逆的』なものですが、
わざわざ書いてあげないとダメなんでしょうね。

きっと、日本に再交渉を求めてくるでしょうが、
失礼ですが韓国の国力で再交渉するには

それなりのメリットを提示してもらわないと
交渉には乗れないですよね。

スポンサードリンク

2.THAAD配備は次の政権で検討すべき

THAAD配備により、中国から旅行者を
渡航させないという制裁を受けていますが、

現在の韓国政府は年内のTHAAD配備を
予定しています。

これを再検討しようとするのだから
アメリカが韓国を切り捨てる理由が
増えてしまいます。

どうするんでしょうね・・・。

 

3.日韓関係を「用日論」に修正

文氏の発言では、

過去の歴史問題に対する要求を継続しつつも、
未来志向の発展も進める。

らしいです。反日なんですが、
日和見主義的な発言をしています。

お願いですから
こっちにこないで欲しいです。

スポンサードリンク

 

4.公務員81万人雇用など経済対策

韓国国内ではこの政策が目玉らしいです。

これだけの公務員を養う財源は
どうするんでしょうね。

まったく実現不可能な机上の空論らしいです。

とにかく頑張ってください。

 

5.対北朝鮮の融和政策

北朝鮮の融和政策としては、
開城工業団地の再開』を掲げています。

ここの資金が北朝鮮のミサイル開発資金に
なったといわれていますが、

また同じことをして
北の武力強化に協力するんですね。

ま、とにかく頑張ってください。

まとめ

日本に対しては日和見的な感じですが、
日韓慰安婦合意は再交渉をもとめるでしょう。

まさかと思いますが、対馬奪還とか
計画しないでしょうねぇ・・・。

アメリカは文氏が大統領になった場合、
THAAD配備の確認をするでしょう。

そこで『ダメダコリア』

と判断したら米軍の撤退を検討するか、
北朝鮮へ先制攻撃するのでは、

と想像します。

はたして韓国国民は誰を選ぶのか
注目したいところです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA