インドのカースト制をわかりやすく簡単に解説します。

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

我々が知っている人権の感覚から言うと
カースト制なんてありえないじゃないですか。

とは言いつつも、江戸時代には士農工商とか、
同和問題とか存在していますよね。

なので、一概に「日本には無い価値観」とは言いませんが、
インドのカースト制は、あからさまですよね。

改めて人権の事を考えた時に
インドのカースト制に興味を持ったので
どんなものなのか調べてみました。

ちなみに、現在のインドでは、
法律により差別的な行為は禁止されていますので、
徐々に変わりつつあるようです。

スポンサードリンク

カースト制の根底にあるものとは

まず、カースト制のベースとなっている考えなのですが、

ヒンドゥー教やバラモン教の

『輪廻転生』

という考えがベースとなっています。

人は何度も生まれ変わって
この世に生を受けるわけですが、

前世で良い行いをすると
高い階級に生まれることができ、

悪い行いをすると、低い階級に生まれ
過去の罪を清算する。

罪が清算されれば高い地位に生まれ変わる。

こんな繰り返しをするので、
低い階級がないと、罪を清算できない、
という事なのです。

ある種の自己救済ですね。

カースト制の概要

カースト制の概要をwikiで調べました。

『ヒンドゥー教における身分制度。
インドでは「カースト」でなく『ヴァルナとジャーティ』と呼ぶ。
紀元前13世紀頃に、バラモン教の枠組みがつくられ、
その後、バラモン・クシャトリヤ・ヴァイシャ・シュードラの
4つの身分に大きく分けられるヴァルナとし定着した。
職業別階級制度や内婚集団である『ジャーティ』もカースト制度に含まれる』

インドではカーストではなく
『ヴァルナ』って呼ばれてるんですね。

4つの身分
「バラモン:僧侶」「クシャトリア:王侯・武士」
「ヴァイシャ:平民」「シュードラ:隷属民」

これらの他にもう一つ
「アチュート」もしくは「ダリット」と呼ばれる
カーストにも入っていない最下位の人たちが存在します。

そして、『ジャーティ』は職業的階級制度といい、
カーストを、さらに職業で細分化したものです。

その数、約3000種類あると言われています。

スポンサードリンク

ヴァルナについて

カースト制を構成する身分
ヴァルナについて、それぞれの階級を解説します。

カースト(ヴァルナ)はあくまで「身分」のことを指します。
経済や政治的に比例しないことも多いです。

貧しいバラモン(僧侶)もいれば、
裕福なシュードラ(隷属民)もいます。

バラモン:僧侶

ヴァルナの最高位。宗教的な支配者階級の種族。
その権威と利権を守るために、いくつもの規制をつくった。

知識階級であり、大臣や裁判官などの
職業に付く人が多い。

クシャトリア:王侯・武士

ヴァルナでの第二位の種族。
貴族または武士階級。クシャトリヤとは、
「権力を持つ者」という意味を持ち、
政治や軍事的支配をしています。

王族や貴族の少数を占め、バラモンの人々と並んで
支配者階級を作りあげています。

ヴァイシャ:平民

ヴァルナの第3位の種族。市民とも呼ばれています。
ヴァイシャ(平民)までが上位カーストとされます。

ヴァイシャ(平民)は、もともと農耕や牧畜、手工業など
庶民的な仕事をする階級でした。

しかし、都市住民が多くなってくると、
徐々に商業の仕事を受け持つようになっていき、
農民や手工業はシュードラ(隷属民)の仕事になっていきました。

ヴァイシャ(平民)は
バラモン教のヴェーダ聖典を学べることで、
「再生族」とも言われていましたが、

シュードラ(隷属民)はバラモン教を学ぶことすら
許されていません。

シュードラ:隷属民

ヴァルナの下位カーストで、
「労働者」と呼ばれています。

もともとは奴隷とされた被支配者階級で、
バラモン教を学ぶことが許されていませんでした。

売買されるような奴隷ではなく、自分の家族を持ち、
自分たちの財産も持っています。

もとは軽視されるような職業にしかつけなくなった
シュードラ(隷属民)の人々ですが、

次第にヴァイシャ(平民)は商売をするようになり、
シュードラ(隷属)の人々が農業や牧畜、手工業を
行うようになっていきました。

経済的にヴァイシャ(平民)に近づく人が現れてくる一方、
そうでない人々は、ヒンドゥー教社会で不浄とされる
仕事に就くようになり、そこから不可触民が生まれ、

さらにヴァルナの階級外へと分けられ
差別されるようになりました。

アチュート・ダリット:不可触民

カースト制度に属さない最下位の種族。

「触れると穢れる人間」と言われ、
見ることもいけないとされていました。

ヴァルナ(平民)の人たちが使用する井戸や
貯水池の使用も禁止されています。

1950年にはインド憲法の17条が制定され、
カーストによる差別が禁止されるようになりました。

そして、不可触民を意味する差別用語も
禁止されましたが、まだ差別は違う形で残っています。

スポンサードリンク

ジャーティについて

ジャーティは、カースト制(ヴァルナ)に
さらに職業別に細分化されたものです。

ジャーティの種類は約3000種類あると言われています。

ちなみにIT産業はジャーティの中に入っていない
新種の職業なので、シュードラ(隷属民)の人たちも
一気に財を成す人が増えました。

ジャーティは職業の世襲が原則ですが、
自分の身分よりも下の仕事につくことは可能です。

ところでジャーティの序列なのですが、
地域によって曖昧です。

例えば理髪師などは、北インドでは
低い身分ですが、南インドでは上位の職業です。

絶対的な基準はなく、相対的なものです。

序列を上昇させることも出来ますが、
経済力や政治力だけではなく、

生活様式も最上位のバラモン(僧侶)に近づける
必要があります。

具体的には、祭事を行ったり、菜食、禁酒など。

また、上昇が認められるのは個人単位ではなく
村や地域のジャーティに属する全員が
実行できなくてはいけません。

なぜカースト制はなくならないのか

宗教における自己救済の意味合いもありますが、
被差別側も、若干の優遇が受けれるため

カーストがあったほうが有利になったりします

普通に暮らせる分には困らない人が多数だと、
変えることは困難でしょう。

ただし、不可触民については
問題だと思います。

カーストを抗議したり、国外に出ようとする
人たちもいます。

スポンサードリンク

まとめ

バラモン教のベースにある
自己救済によるカースト制ですが、

仏教や神道にはない価値観ですね。

前世の罪は死んでから償ったり
生きている間は天罰という形で償います。

けっして人間が決めた制度で裁いたりしません。

まぁ、宗教的なことは何が正解かなんて
ないでしょうから、

彼らの文化を否定することはできないでしょう。

現代のインドは徐々に身分による差別も
薄れてきているようなので、

傾向としては明るいと思います。

そう言えば中国にも農民戸籍といって
農村部の人たちが都会で住めないようになってるとか。

日本にも、まだまだ差別ってありますね。

非情に難しい問題です。

いずれにしても、
キチンと知っておく必要があります。

タブー視して知ることすら辞めてしまうと
それ以上には良くならないでしょう。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事⇒バングラディッシュに奇形が多い理由

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA