アルダブラゾウガメの脱走を知り、販売価格や飼育方法をブログで調べて驚愕した!

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

岡山県の渋川動物公園から一匹のアルダブラゾウガメが
脱走しました。

脱走したのが8月1日だったので、
もう2週間以上も見つかっていません。

 

とても心配です。

 

1日も早く帰ってきて欲しいです。

そこで、ちょっとこのゾウガメに興味が出てきたので
いろいろ調べてみました。

 

スポンサードリンク

アルダブラゾウガメの販売価格

アルダブラゾウガメの販売価格は
2016年の情報では25万円ほどだそうです。

 

これが手のひらサイズの8cm程度の
子亀の値段ですから、

そこから値段はどんどん上がります。

 

基本的に陸ガメは大きくなるほど
値段が上がるそうです。

 

大体、26cmの亀で47万円
50cmを超えると84万円もしていました。

 

参照サイト:http://www.tortoise-style.com/admin/list.php?q=159

 

2012年の情報ですが、その当時で
100匹程度の流通があったそうですが、

 

2017年の現在だと、
もっと増えているのでは
ないでしょうか。

 

ただ、実際に生き残っている個体が
どの程度いるのか把握していません。

 

流通しているものは全て、
飼育下で繁殖したゾウガメで、

野生での個体は密輸になりますので、
禁止されています。

スポンサードリンク

アルダブラゾウガメの飼育方法

この記事は以下のサイトを参考に書きました。
参照サイト:http://xn--hhru84eq4a.com/chindoubutu/zougamepost-700#i-6

この亀はかなり大型になるので、
『覚悟』が必要になりそうです。

およそ、甲羅の大きさが120cmを超えるので
そんな大型になる子を迎える広い施設と環境を

整えてあげる必要があります。

低木林や草原に生息し、直射日光が苦手です。
基本的に植物性の食べ物を食べますが、

カニや魚の死骸等も食べるため、雑食性と言えます。

飼育環境

飼育環境は年間を通じて25℃前後を保ちます。

あと、35~40℃のホットスポットも
用意しましょう。

 

室内飼育は『無理』と考えるべきで、
温室レベルの施設・スペースが望ましいです。

 

小学生ぐらいの子供に部屋を提供する広さで
温度管理が出来る部屋と言うことになります。

 

温室の6畳程度の広さが目安になるでしょう。

 

床材はなんでも位にいのですが、部屋の放し飼いだと
なにも敷かなくいいそうです。

 

地面の場合ははコンクリートではなく、
土壌が望ましいのですが、

衛生面に気をつけないといけません。

 

あと『水浴び場』として
1・5m四方の浅い水槽が必要です。

 

幼個体時期は『雑食傾向』があり、
動物性蛋白質も食べます。

 

アルダブラの場合は『甲長が20㎝まで』が
幼個体時期となるので、

その間は『肉類』なども様子を
見ながら与える必要があるでしょう。

 

幼個体時期は『甲羅が柔らかい』ので、
20㎝越えまでは扱いを慎重にする必要があります。

また、飼い始めはよく便秘になるそうです。
運動すると便秘が解消されるそうです。

 

脱走したアルダブラゾウガメのアブー

8月1日、岡山・玉野市の渋川動物公園から
全長90センチ・体重55キロのメスの

アルダブラゾウガメ「アブー」が逃げ出した。

足が遅いゾウガメだが、周辺の捜索でも見つかっておらず、
ついに最高で50万円の懸賞金までかけられた。

ゾウガメは普段から園の中で放し飼いにされているが、
開園前の午前8時半頃、飼育員がゾウガメを小屋から出した後、
目を離した隙に園外に逃げ出していったという。

 

山の中に入られると見つけるのは
とても困難ですね。

近くには瓶割山という山がありますので、
このあたりに入られると本当に困難でしょう。

野生動物にいじめられていないか
とても心配です。

 

1日も早い帰還を願っています。

スポンサードリンク

アルダブラゾウガメの寿命

恐ろしい事に200歳ぐらいに
なる場合があるそうです。

 

環境が良ければ確実に飼い主よりも
長生きする可能性があります。

 

もう孫の代までは引き継がれることも
視野に入れておかないといけないかも知れません。

 

まとめ

寿命が長いもので200歳ぐらい生きるなんて
すごいですね!

飼い主よりも長生きする動物を
飼育する気はないですが、

亀の背中に乗って移動とかしてみたいです。

しかし、この亀ちゃん。

 

最終的に公的な施設が引き取ってくれるなら
飼育してみたいですが、

終生飼育はちょっと・・・。

私は無理です。(^_^;)

 

それよりも脱走したアブーですが、
どこに行ってしまったのでしょう。

 

飼育員さんも心配している事でしょう。

1日も早く見つかって、
元気な姿で帰ってきて欲しいです。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

こちらの記事もどうぞ⇒幻の蛇。シロマダラヘビの販売価格

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA