3輪バイクの原付はヘルメットをかぶらなくてもいいのか調べた

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

先日、道を歩いていたら、3輪の原付バイクで
ヘルメットをかぶっていない人を見かけました。

 

私がピザの宅配でアルバイトをしていたころは

 

「3輪バイクでもヘルメットをかぶらないといけない」

 

と聞いていたので、ずっとかぶっていましたが、
友達に聞くと

 

「3輪バイクは法律で車扱いだから、かぶる義務はないよ」

 

と言われました。

 

はたしてどっちが正しのか(@_@;)

 

ずっと疑問のまま放置していましたが、
今回、本腰をいれて調べてみる事にしました。

スポンサードリンク

原付がヘルメットをかぶらなくてもいい条件とは

ずばり、結論を言いますと、

その車両が、

・『原付3輪』として登録されているか
・『自動車(ミニカー)』として登録されているか

 

どっちで登録されているかで
対象となる道路交通法が違います。

 

なので、

 

『自動車(ミニカー)』として登録されている場合は
『自動車』の道路交通法が適用されるので、

 

ヘルメットの着用義務はありません。

 

逆に、原付で登録されている場合は、
ヘルメットの着用義務があります。

 

こういうと、

 

「じゃぁ、ミニカーで登録した方がイイじゃん」

 

という話になるのですが、

 

自動車(ミニカー)として登録するには、
ある改造を施さなくてはいけません。(後述します)

 

ちなみに車両には

・道路交通法(道交法)
・道路運送車両法(車両法)

 

2つの法律が適応されており、

 

ミニカーは、

公道を運転する法律
『道交法』は普通車あつかい

 

税金や維持費など、車両を管理する法律
『車両法』は原付あつかい

 

という、


ちょっと美味しい扱いになります。

 

スポンサードリンク

3輪バイクの原付をミニカー登録するには

3輪の原付バイクをミニカー登録するには、
輪距を500mm以上にする必要があります。

 

ちなみに輪距とはこれの事です。

出典:http://bike5677.web.fc2.com/

 

3輪車の場合、前か後ろのどちらかが、
タイヤが並列に2つ並んでいます。

その並んだタイヤとタイヤの
中心線から測って500mm以上

離れている必要があります。

 

つまり、原付3輪とミニカーの違いとは、
並列に並んでいるタイヤとタイヤの距離
(輪距)で決まります。

 

500mm以下なら原付3輪
500mm以上ならミニカー

 

と言うことです。

 

申請手続き

申請は市町村役所で受け付けており
登録手続きは無料です。

 

細かな手続きは、お住まいの市町村ごとに
違うようなので、役所に確認してください。

 

基本的には必要なのは

・「廃車書」
・「改造内容を記載した書類」の2つ。

 

書き方など、いずれも役所で
詳細を聞いてください。

 

手続きはすぐに完了して、
その場でナンバーを手渡しされます。

 

 

ミニカー登録するための改造方法

後ろのタイヤにスペーサーをはさんで
輪距を広げたり、

タイヤを太くして中心線を離すなど
適合する改造を施すと

 

ミニカー登録に申請できます。

 

ちなにみジャイロXの改造には
コチラのサイトが参考になります。

http://dnepere.jpn.org/kaityo/data/201602.html

 

ミニカー登録するメリットとデメリット

ミニカー登録をするメリットとデメリットについて、
コチラのサイトが参考になりまいした。
http://dnepere.jpn.org/kaityo/data/201602.html

 

【メリット】
1:自動車扱いなので法定速度は60km/h
2:2段階右折が不要
3:ヘルメットの着用義務がない
4: 自賠責・任意保険は「原付」扱い
5:保険会社によってはファミリーバイク特約が適用される場合も

 

【デメリット】
1:普通免許が必要
2:自動車扱いなので違反時は普通免で切符を切られる。(原付1種より高額)
3:税金3700円(原付2000円) 2016年より増額となりました。

 

原付とミニカーの主な道路交通法の違い

要するに普通車の法律になるのですが、
改めておさらいです。

 

【出来る事】

・法定速度が60kmに!

・『2輪通行止め』が通行出来ちゃう

・二段階右折をしなくていい!

・2段停止線(車とバイクで停車位置が違う停止線)は
4輪の停止位置になる。

・路面電車の軌道敷内を通行できる。

 

【出来ない事】

・自動車専用道路(高速道路)は通行できません。
・バスなどの専用車両通行帯がが通行できない。(原付はOK)

スポンサードリンク

ナンバープレートや税制、保険などの違い

ナンバープレートの色が水色になります。

 


出典:http://driver-license.net/archives/365

 

 

よく、ヘルメットを着用せずに運転るすと
警察官に止められたりしますが、

 

ナンバープレートを見てもらい、
輪距も実測してもらえば納得してくれるでしょう。

 

税金などは原付と同じになります。

 

自賠責や任意保険に関しても
原付と同じです。

 

自動車を持っている場合は、
ファミリー特約が適用される場合もあります。

スポンサードリンク

 

まとめ

申請すると普通車として公道が
走れるなんて、

 

デメリットよりもメリットの方が
大きいような気がしますね。

 

一番のネックは違反切符が
普通車扱いってところだけですね。

 

ちなみにミニカーの登録は50cc以下までです。

 

それ以上の排気量は違う区分になり、

 

サイドカーと同じ『側車付軽二輪』という
扱いになるので、

 

税金や保険の金額が変わってきます。

『側車付き二輪』については、
いずれまた記事にしたいと思います。

 

 

それにしても、

常々思っていたことですが、

道交法は技術の進歩に
追い付いてないですね。

 

車輪の幅を変えるだけで普通自動車として
扱えるなんておかしくないですか?

 

制限速度も30kmまでなんて
遅すぎますし、

 

2段階右折も時代遅れですよね。

 

もうちょっと何とかならないもんでしょうか。
なんか歯がゆいですねぇ。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA