小袋成彬は宇多田ヒカルの何?出身校や身長などプロフィールを調べた!

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

最近ラジオのヘビーローテーションで
『小袋成彬』さんという

アーティストを知りました。

声だけを聞いて、てっきり平井堅かと思いました(^_^;)

でも、よく聞きくと違う。

さらに調べていくと、
なにやら宇多田ヒカルとウワサになってるとか!

さらに深掘りしてみました!

それにしても彼は、独特のセンスやね。

スポンサードリンク

小袋成彬と宇多田ヒカルの関係

一言で言うと仕事仲間です。

宇多田ヒカルのプロデューサーの沖田英宣さん、
(宇多田ヒカルのデビュー時からの制作ディレクター)が、
『ともだち』の曲の中で、もうひとり声が欲しいと思った時に
思い出したのが小袋成彬さんですわ。

2013年の大学在学中に作ったR&Bのバンド『N.O.R.K』の
音源が、たまたま沖田さんの手にあって、

その音源をきいた宇多田ヒカルが
「この人の声を世に出す手助けをしないといけない」

とまで思わせた人物です。

なので、恋愛関係ではないですね。

まぁ、メガネをかけた顔が前のイタリア旦那に
ちょっと似てるから

もしかしたら、宇多田ヒカル側が
じゅくじゅくなのかも知れません。

でも、私が見る限りでは
小袋成彬さんは、カサカサだと思います。

 

 

スポンサードリンク

小袋成彬のプロフィール

小袋成彬(おぶくろ なりあき)

1991年4月30日生まれ。R&Bユニット「N.O.R.K.」のボーカルとして活躍。音楽レーベルTokyo Recordings設立し、水曜日のカンパネラへの歌詞提供のほか、adieuなど様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。2016年、宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録曲“ともだち with 小袋成彬”にゲストボーカルとして参加。最新ワークスは映画『ナラタージュ』主題歌を歌うadieuのデビューシングル(アレンジおよびプロデュース)。伸びやかな声と挑戦的なサウンドデザイン、文藝の薫り高き歌詞が特徴。2018年4月25日、デビューアルバム『分離派の夏』を携え、いよいよソロアーティストとしてデビュー。

 

出典:https://www.cinra.net/interview/201804-obukuronariaki

中学・高校と野球部だったようですね。
音楽に携わったのは大学からとのこと。

大学は立教大学経済学部国際経営学科卒

ということは、経営に興味があったのか。

だからレーベルを立ち上げて何かをしてやろうという
気持ちがあったんだな。

小袋成彬さんのインタビュー動画があったので
載せておきます。

結構面白いことを考える独特の感性だなってのが
伺えます。売れる曲に興味はなく、出てきたもの、
降りてきたものを出したいっていうのがちょっと
ぐっと来てしまった。(不覚にもΣ(゚Д゚))

 

スポンサードリンク

 

ネットの声

内省的な歌詞と音という印象を受けました。分離派を掲げる彼は良くも悪くも、他人を見限っている、信じていないと思います。彼自身不特定多数の孤独に曲を書いているような、孤独の同調のようなものと芸術自体が元来持つ性質のそれでも共感して欲しいという感情が混在している、一種のアンビバレンスを提示していると思います。ドラムスの音が入っていないのもより耽美に各々の自我世界に没入できるような仕組みなのかも知れません。このような曲は大衆向けではないと思いますし、拒否反応を示すリスナーもいると思いますが、僕はこの利己的な音楽に美しさを感じてしまいました。
ラジオからこの曲が流れてきた時 そんなに長く生きているわけじゃないのにとても懐かしい音に感じました でも決して古臭いというわけではない すべてに共感できるというわけではないけど言葉の繋ぎ方が、選び方がとても好きです
古臭くして最先端、そんな感じがします。さすがヒッキーが見込んだだけあって素晴らしい才能ですね!
山崎まさよしさんと平井堅さんと声が似てるかな?て思いました。

スポンサードリンク

 

まとめ

『Selfish』って曲を聞いたんですが、
最初聞いた時は「なんじゃこの曲」て思ったのですが、

3回聞いたぐらいから中毒になってしまいました。

声もいいけど曲もいい。

「 世界は僕を待ってないと知る いつも」
って歌ってから急に場面が変わって
曲調まで変わるなんて・・・、
そんな曲初めてやわ。

それに、MVのテーマがさっぱり分からん。

でも、独特の世界観です。
なんかね、3回みたら脳がイメージを理解したというか
味に目覚めたというか、
そうか、これがR&Bってやつか。Σ(゚Д゚)
なるほど、なるほど。
小袋成彬くん
たぶん、売れへんやろう。
だって売る気ないもん(;´∀`)
でも、そうじゃない。
売れることよりも、それ以上に
伝えたいというか、
世に出したい作品というか、
こう、ぐわ~って来るものがあるんですよ。
彼の曲がイマイチ好きになれないという人は
ぜひ3回は聞いて欲しいです。
きっと、曲の旋律と歌詞に
ぐぐぐぐ~って来るものがありますから。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒家入レオの本名と親父を調べた!目つきが特徴的
関連記事⇒三浦大知の何がすごいか分からんやつ
関連記事⇒向井太一にパクリ疑惑!
関連記事⇒西川貴教と吉村由美は復縁しない!
関連記事⇒aikoと星野源が復縁!?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA