ストーカー規制法にて、メールの回数やつきまといなど、処罰される基準は何なのか調べた

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

 

ストーカー冤罪はイヤですよね!

 

ストーカー規制法により、対処することが
容易になりました。

 

それ自体は良いことだと思いますが、
基準のようなものを知らないと、

 

何でもかんでも「ストーカー行為だ!」って言われたら
たまったもんじゃないです。

 

そこで、ストーカー行為に規定されている事について
何をどこまでやると処罰対象なのか調べてみました。

スポンサードリンク

つきまとい行為を何回すれば処罰対象なのか?

ストーカー規制法では、「つきまとい」を規制しているわけではなく
「反復して行なう」ことを規制しています。

 

なので、

1回やっただけでは
反復とは言えませんね。

 

だとすると、

 

ストーカー法に定められた8項目を
すべて1回ずつやっただけなら処罰されない・・・、

 

ってわけでも無いようです。

全体として反復していれば処罰対象になるようです。
(出典:http://www.hhl.jp/iframe/sinfrm/sinfu013.html)

 

金銭トラブルや相手の言動に腹が立ったなど、
何か理由があって付きまとわざるを得ない場合は

 

弁護士など、第三者に入ってもらったほうが
スムーズですね。

 

監視してることを告げる行為を何回すれば処罰対象か?

規制法は反復することを規制しているので
1回だけだと処罰対象になりません。

 

ただ、

1回だけだったとしても
被害者が不安に感じて警察に相談した場合、

口頭による警告をされたケースも
あるようです。

 

ただし、

正式な警告は書面なので、口頭だと、
「注意しましたよ」という意味合いが
大きいと思われます。

 

でも、警察の記録には残るので、
安易に考えないほうがいいですよ。

 

面会・交際の要求を何回すれば処罰対象か?

何回だと駄目ではなく、
相手が拒否した段階で、それ以降は駄目ですね。

 

相手が「もう連絡しないでください」
という意思を示したら諦めましょう。

スポンサードリンク

乱暴な言動を何回すれば処罰対象か?

大阪府警のホームページから
ストーカー規制法を参照しているのですが、
(出典:https://www.police.pref.osaka.jp/05bouhan/stalker/01_1.html)

何回という規定はないですね。

 

やはり1回だと反復とみなされ無いのかな・・。

 

いや、第3条に

『つきまとい等をして不安を覚えさせる事の禁止』

とありましたので、

相手が不安に感じた時点でアウトなんでしょうね。

スポンサードリンク

無言電話・連続電話・メールを何回すれば処罰対象か?

ストーカー規制法の第二条五号には

「拒まれたにもかかわらず、連続して・・」

とありました。

 

面会・交際の要求の場合と同じく、

相手が拒否の意思を示した時点で
諦めましょう。

 

金銭トラブルなどで、どうしても連絡を取りたい場合は
弁護士を仲介させてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

汚物などの送付を何回すれば処罰対象か?

法律以前に常識として一回でもアウトでしょう。

「何してんねん!」って感じですね。

 

それをパッキングして送るときの心境って
何なんでしょうね。

「やってやったぜ!」

とか思ってるんでしょうか。

 

そんな事をしている時点で

「あんたの方がおかしいぞ!」って

思ってしまいますね。

 

名誉を害する行為を何回すれば処罰対象か?

法律には回数の規定は書いていないですね。

ただし、一般的な名誉毀損ではなく

『特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又は
それが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的』

 

つまり、相手の事が好きになり、好意を示したにもかかわらず、
拒否されてしまい、腹がたったので

「この腐れ●●コが!」

というのを『アウト』としています。

 

一般のそれとは違いますね。

 

一般の名誉毀損は民事事件です。
ストーカーは刑事事件ですので。

 

性的羞恥心を害する行為を何回すれば処罰対象か?

要するに裸の写真をばら撒くのは
何回まで『OK』かってことですよね。

 

何回というか、一回でもアウトでしょう。
法律以前に常識として駄目ですよ。

そんな事で脅すって最低ですよね。

男としてやったらアカン部類のことですわ。

 

あれ、

加害者が男として考えたけど、

もしかして、女性の場合もあるんかな?

 

男の裸の写真をばら撒くって。。。

 

いやー、ないかな。

 

でも、あったら怖いなぁ。

 

まとめ

ストーカー規制法は被害者を救うための法律ですが、
冤罪というのもありますね。

 

特に、恋愛トラブルではなく
金銭トラブルによる『つきまとい』ってうのは

 

加害者側の心理もわからないでもないです。

 

やっぱり冤罪を回避するには
弁護士に相談してみるのも手ですよね。

 

各弁護士事務所なども
ネットでメール相談もありますし、

 

そういったものを利用するのも
良いかもしれないですね。

 

今回、法律を読みながら、
事案について考察するって、勉強になりますね。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒ストーカー記事まとめ
関連記事⇒ストーカー規制法でメールの回数や処罰の基準はなに?
関連記事⇒ストーカー規制法の対象行為と警告書の内容、および期限はいつまで?
関連記事⇒ストーカー気質の心理と特徴を男女別で調べた
関連記事⇒ストーカー行為を諦めさせるスピリチュアルな方法
関連記事⇒ストーカー対策と逮捕後の罪の重さなど調べた
関連記事⇒ストーカー被害の実話をまとめました

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA