ストーカー被害の実話をまとめました。

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

 

ストーカーの被害対策に関心をもって
いろいろと調べていたのですが、

私自身、ストーカー被害に会ったことはないので
今ひとつ、被害者の心境が見えなかったこともあり

ネットで実際に被害に会われた方の話を
募集してみました。

 

募集してみてわかったのですが、
みなさん、警察沙汰になる寸前のことは
よくあるようです。

逆に言うと、警察沙汰にすると
大体相手は引いてくれるというのが分かりました。

 

今回は寄せられた話を3つほど
載せたいと思います。

スポンサードリンク

社長の長年の友人からシツコク追われて・・・

高校を卒業して入社した職場での話です。
個人で経営している従業員5人ほどの小さな写真館でした。
私にストーカー行為をしたのは、写真館の社長の長年の友人で
年齢は50歳を過ぎていたと思います。

よく店にも来ていたので、
私も親しくさせてもらっていました。

ある日仕事が終わり、家に帰っていると
職場の近くに見たことがある車が停まっていました。
中から社長の友人のその人が家まで送ってくれると言いました。
社長の友人なので断りづらかったこともあり、
私は車に乗ってしまいました。

今考えるとそれが間違いだったと思います。

社長の友人は人気のないところに車を止め、
「何でも買ってあげる。」
「彼氏がいるんだったら別れて欲しい。」
と言いました。

どうしていきなりそんなことを言いだすのかと思ったら、
職場の先輩が、私がその人のことを好きだと言っていたと
言ったらしいのです。

それをその人は鵜呑みにして、私に興味を持ったようでした。
その人は奥さんもいるし、私にも付き合ってる人がいたので断りましたが、
強引に体に触ってきて襲われそうになったので、
振り払って車から飛び出しました。

次の日にその人が職場にやってきて私に
「昨日は驚かせてごめんなさい。連絡待っています。」
という内容の手紙を渡してきました。

もちろん無視していましたが、
そうすると職場の前や家の近所で待ち伏せするようになったので、
毎日家族に迎えにきてもらっていました。

あまりにも行動がエスカレートしてきたので、
社長の奥さんに手紙を見せて相談したら
「こんな手紙まで偽造して。辞めたいんだったら辞めてもらって結構」
と言われ、半ば強引に退職させられてしまいました。

いち従業員より、長年の友人を取ったんだと思います。

今考えると社長の奥さんではなく、ストーカーした相手の会社や
奥さんに相談すれば良かったなと思っています。

あと、どんなに知っている人でも2人きりになるようなことは
避けた方がいいと思います。

男性は年齢は関係なく、いつまでたっても下心があると
今だったらわかるので。

スポンサードリンク

元カレがストーカーに。親がいない時に家で待ち伏せ

大学生に上がりたての春、
3年半付き合い、同じ大学に入った彼氏に別れを告げました。

もともと同じ大学に入るつもりもなかったのですが、
追いかけられてしまい、挙句

「サークルに入るな」「他の男としゃべるな」と束縛が
激しかったのが理由です。

こんな彼なので、あっさり別れることは難しいかな
と思ったのですが、逆上して殴られました。

殴られたあと、しばらくして我にかえったようで優しくなりました。
しかし、今まで暴力を振るう様子もなかった彼氏に突然殴られた身としては
大きな心の傷になり、

それ以来こちらは別れたつもりで一切の連絡を断ちました。
しかし、同じ大学ゆえ、どうしても顔は合わせてしまいますし

行動も把握できてしまいます。無視するよう務めていたのですが、
降りる駅で毎日待ち伏せされ、抵抗するようなら殴られるという被害に
合いました。車に連れ込まれた時は恐怖で、もしかしたら死ぬのかもと
覚悟を決めたこともありました。

ある休日、友達と遊ぶことになったのですが、
一人で出歩くとまた被害に合うかもということで両親に協力してもらい、
その日はなんとか被害なく遊ぶことができました。

しかし、別の日に私が家にいて両親が出かけたとき、
それを知ってか元彼が家のインターホンを押してくるのです。

もちろん出ませんでしたが本当に怖かったです。

結局両親が表に出て事の解決になったのですが、
殺人事件にもなり得るストーカー行為でした。

屋外で一人になる時間は限りなくゼロにし、
送り迎えは友達や両親に頼むこと、

早い段階での警察への相談をしておけばよかったと後悔しています。
あんな怖い思いは二度としたくありません。

スポンサードリンク

ナンパにひっかかりストーカー被害に・・

仕事帰りに寄った本屋で、「久しぶり!」と
声をかけられたのがきっかけです。

学生の頃に片思いだった人に似ていたので、
本人だと勘違いして、ついおしゃべりをしてしまいました。
その後、どうしても断り切れず居酒屋へ行くことになりました。

なぜか初対面なのに結婚の話が出て、
帰り道では強引にバイクで真っ暗な土手へ連れていかれ
キスされそうになりました。

そして、別れ際に「電話番号を登録したら帰ってもいいよ」
と言われ逃げ出したい気持ちで打ち込むと、
「間違っていないかかけてみて」の言葉に
ついかけてしまったのです。

その日は、何もされず家に帰れたものの、
ストーカーが始まりました。

時間を問わず怖いくらい着信がありました。
無視していると、非通知で夜中にかけてくるのです。

着信時にわざと電源を切ってみたりもしました。
あまりに回数が多いので、偶然出てしまったこともありました。
勇気を出してきちんと断っても納得してくれず、
電話攻撃は続きました。

あるときは、出会った本屋の周りで待ち伏せされたことも
何度かありました。

人通りのある場所なので変なことはされませんでしたが、
体にぴったりと引っ付いて話しかけてきました。

彼氏に相談することもできず困りました。

家までは知れていなかったので、
待ち伏せは本屋辺りだけでした。

ストーカーは、1ヵ月続きました。

終わったのは、彼がパチンコで思い切り負けたときに待ち伏せされ、
私がはっきりと断ったことで納得してもらえました。

何度も断っていたのですが、パチンコに負けたのがショックだったようで、
いつもの勢いはありませんでした。

声をかけられても絶対についていってはいけません。
田舎に住んでいたので本当に怖かったです。

暗闇で一人のときに会っていたら、
今頃どうなっていたかわからないからです。

スポンサードリンク

まとめ

もっと早く警察に相談していれば、
早期に解決出来たであろう話でした。

きっぱりと断っても諦めてくれない。

ストーカーをする輩というのは
話が通じない相手だということですね。

 

皆さんも、もし被害に会われたときは
一人で抱え込まないで、誰かに相談してください。

 

そして、できるだけ早期に警察に
相談してみてはいかがでしょぅか。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒ストーカー記事まとめ
関連記事⇒ストーカー規制法でメールの回数や処罰の基準はなに?
関連記事⇒ストーカー規制法の対象行為と警告書の内容、および期限はいつまで?
関連記事⇒ストーカー気質の心理と特徴を男女別で調べた
関連記事⇒ストーカー行為を諦めさせるスピリチュアルな方法
関連記事⇒ストーカー対策と逮捕後の罪の重さなど調べた

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA