第90回選抜高校野球の開会式と閉会式の司会について調べた!

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

 

第90回記念選抜高校野球の決勝戦が
間もなく始まります。

今回も大阪桐蔭が勝ってくれると嬉しいですが、
勝負は最後まで分かりません。

ところで、

大会の司会者なんですけど、
現役の高校生がやってるんですね。

今回は開会式に2人と閉会式に一人。

開会式には、
熊本県立第一高校 成松海悠さん
山梨学院高校 広瀬久実さん

閉会式には

青森県立北斗高校 木村太飛さん

それぞれに決まっていますが、
彼、彼女らの素顔にちょっと迫ってみます。

スポンサードリンク

開会式や閉会式の司会の決め方

すばらしい・・・

春のセンバツの司会進行役は、
前年夏の全国高校放送コンテストでの
成績優秀者から選んでいます。

熊本の成松海悠(みゆ)さんは
NHK杯の朗読部門で優勝しました。

昨春のセンバツ閉会式も司会を務め、
2年連続の大舞台にチャレンジします。

山梨の広瀬久実さん
アナウンス部門で優勝。

青森の木村太飛さん
朗読部門で優秀賞の実力が認められて
閉会式の司会に抜擢されました。

スポンサードリンク

熊本県立第一高校3年 成松海悠さん

出典:https://mainichi.jp/koshien/articles/20180301/ddl/k43/050/296000c

成松海悠さんは熊本県立第一高校の3年生。
2018年春の選抜開会式の司会には

第64回全国高校放送コンテスト・朗読部門優勝の実力を
受けて抜擢されました。

昨年春の選抜の閉会式にも抜擢されていますので
今回で2年連続となります。

「試合に挑む球児たちの気持ちを高める司会進行をしたい」

という意気込みを語っていました。

小さい頃から話すことが好きで、
中学時代に受けた職場体験でラジオ局を希望したそうです。

中学時代には女子バレー部に所属し、
生徒会長も務めるなどエネルギッシュな人です。

高校に進学したときに放送部OGの
本田徳子さん(21)への憧れから放送部に所属しました。

本田さんは「高校放送部の甲子園」と呼ばれる
NHK杯アナウンス部門で全国優勝する実力者。
その堂々とした態度や透き通った声に
成松さんは憧れたそうです。

2年生の時、NHK杯と並ぶ「九州高校放送コンテスト」の
九州大会で優勝し、NHK杯のアナウンス部門では全国3位に輝いた。

3年生の時にアナウンス部門から朗読部門に変更。
NHK杯の題材に「チア男子!!」(朝井リョウ著、集英社)を選んで
悲願の全国優勝を果たした。

チア男子!! -GO BREAKERS- 1【電子書籍】[ 朝井リョウ ]

卒業後は「幅広い表現に触れたい」と関西の芸術大短期大学部に進み、
演技やナレーション技術に磨きをかける。

スポンサードリンク

山梨学院3年の広瀬久実さん

出典:https://mainichi.jp/koshien/articles/20180301/k00/00m/050/050000c

広瀬久実さんは山梨学院高校3年生。

中学時代は合唱部にはいり、発声を鍛えて来ました。

アナウンス経験はなかったものの、2017年7月の
『NHK杯全国高校放送コンテスト アナウンス部門』で
山梨県勢初となる優勝を果たしました。

優勝までの道のりは、平坦ではなく
紆余曲折がありました。

1年の時に県大会で入賞したものの、
自分を過信してしまい、

2年の全国大会では初戦敗退。

そこから自分のアナウンスを見つめ直して
改善を続けました。

同校放送部出身の姉 里実さんと
アナウンス経験のある母の志保さんに

細かなアドバイスを受けて
再び全国大会に出場。

その時の目標は準優勝だったが、
本人曰く、原稿がよかったことと、
結果を気にせずに楽しめたのが功を奏して
優勝することができました。

選抜の開会式では
「特別な舞台。聞いている人にすっと入るような司会をしたい」

と意気込みを語っていました。

スポンサードリンク

青森県立北斗高校2年 木村太飛さん

出典:https://mainichi.jp/koshien/articles/20180301/ddl/k02/050/040000c

閉会式をつとめるのは青森県立北斗高校2年の
木村太飛さん。

2017年夏のNHK杯全国高校放送コンテストで
朗読部門における優秀賞を獲得した実力から

今回の選抜の閉会式司会に抜擢された。

中学時代は部活動はせず、高校に進学したときに
何か部に入ろうとして放送部に入りました。

朗読の演技力に魅了されて入った放送部。
めきめきと実力をつけていき、
落ち着いた語り口には自信があるとのこと。

川端康成や夏目漱石の作品を
コンテストでは好んで選ぶという。

野球については詳しくないものの、
歴代選抜司会者には尊敬する人たちの名前が並び

その一人、鈴木崚汰さんは、声優として人気アニメで活躍しています。
(ガンダム鉄血のオルフェンズ、亜人ちゃんは語りたい、等の脇役)
(ネト充のススメで主演)
ネト充のススメ ディレクターズカット版 Vol.1 [ 能登麻美子 ]

「自分も、高校時代に頑張った声をいかす仕事に就きたい」。
球児たちの大舞台を締めくくり、自身にとっても飛躍の場にすると
語っていました。

スポンサードリンク

茨城県立水戸三高3年 冨永春菜さん

出典:https://mainichi.jp/koshien/articles/20180323/k00/00e/050/214000c

開会式の国歌独唱は、
茨城県水戸三3年をこの春に卒業される
『冨永春菜さん』が務めました。

冨永さんは2017年の全日本学生音楽コンクール
全国大会声楽部門高校の部で1位に輝き、

今春から東京芸術大に進み、オペラ歌手を目指すそうです。
「前日のリハーサルで甲子園の広さを感じることができた。
自分のやってきた練習の成果を出し、歌声を響かせたい」と
話していました。

スポンサードリンク

まとめ

私は声があんまり自信がなく
大きい声を出すのも苦手です。

なので、アナウンスなど声を得意とする人を
尊敬してしまいますね。

話はそれますが、弁論部とか入ったら
社会人になっても役に立ちますね。

大人になったら議論するのが
仕事になったりしますから。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA