兵児帯や角帯の結び方を知らなくていいかも!大人の男が簡単に浴衣を着る方法

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

夏祭りの季節になりました。

この時期になると、一度は着てみたくなる浴衣。
普段着のままでもいいのですが、やっぱり浴衣の方が
粋でかっこよくていいですよね。ヽ(^o^)丿

 

ところで、浴衣で気にあなるのが、”着付け”ですが、
毎日着るわけでもない浴衣なので、帯の結び方を
覚えるのが大変です。

 

でも、これを覚えておかないと、移動している最中に
着崩れしてしまったら嫌ですよね(^_^;)

 

今回私がおすすめする方法は、

・帯の結び方にこだわらない
・夏祭りの時に浴衣気分を味わえればOK
・絶対に着崩れしたくない

 

そんな方にお勧めの方法です。

その方法とは、

 

『ワンタッチ帯』を使う!

です!

 

ワンタッチ帯と聞いて「なーんだ」って
思うじゃないですか。

 

いやいやいや、

 

この楽さ、簡単さ、便利さたるや
創世記のコンビニ並みですね。

 

その昔、コンビニの走りといえば
「セブンイレブン」でした。

 

7時から23時まであいているお店なんて
当時はなかったのです。

「夜の23時におにぎりを買いに来るやつなんて
いるもんか!」

「絶対につぶれるさ」

なんて言われていたのが、今では周知のことく、
なくてはならない日本の文化となりました。

 

まぁ、そこまで便利かどうかは置いといて、
必ずメリットもあるわけです。

 

例えば普通の帯として、
兵児帯の男性用の結び方を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

兵児帯の結び方

こういうのはYoutubeが便利でいいですねヽ(^o^)丿

1.帯を全体的に四つ折りにし、
折った帯の手先がひじの高さになるように持つ

2.手先が下にくるように腰に二周して巻く

3.垂れ先で手先と腰に巻いた帯をまとめて
下からくるんで結び、

4.ちょうちょ結びをする。

5.長い方の先を、ちょうちょ結びの結び目を隠すように
下から通し、垂らして形を整える。

6.お腹を引っ込めて、えりを崩さないように
時計回りに後ろへ回し、

7.前の帯幅を整えて、完成。

 

まぁ、こんな感じで
およそ7つの工程をへて完成されます。

 

慣れてくれば大丈夫なんでしょうが、

 

私なんかは覚えが悪い方なので、
しばらくすると忘れてしまいます。(^_^;)

 

次は角帯です

スポンサードリンク

角帯”貝の口”の結び方

代表的な結び方として、”貝の口”を見てみましょう。

1.先頭から25cmぐらいのところをとって
体に当てます

2.ぎゅっと巻いて、25cmぐらいのところで交差します。

3.下の帯を体に巻きつけて前まで持ってきます。
(2回巻きます)

4.下に来た長い帯を内側に折ります。

 

上にある帯の部分を「て」
長くて折り返した帯を「たれ」といいます。

 

5.「て」をした「たれ」を上にして
ぎゅーっと結びます。

6.「て」を持ち上げて「たれ」を上にかぶさる形で
結びます。

7.結び目を整えます。

8.結び目の中心をもち、帯を180°回します。

9.乱れを整えて完成。

 

およそ9工程ですね。

 

改めてみると兵児帯より角帯の方が粋ですね。
かっこいいヽ(^o^)丿

 

これを完ぺきにマスターしたら、
着崩れしても後ろの結び目をちょいちょいって
やるだけで整えてしまうなんて粋です。

 

かっこいい(^o^)/

 

ただ今回は、そういった事を『面倒だ』と
感じる方に向けた話なので

 

本題は次になります。

 

ワンタッチ帯の結び方

ワンタッチ帯は安くて便利。

 

ワンタッチ帯を「安っぽい」「まがいもの」
そんな風に感じてしまうのも無理ないです。

 

ワンタッチ帯は布の面積が少ないので、
本物の帯よりも安い価格帯になっています。

 

ワンタッチ帯 男性用

 

いろいろな形のワンタッチ帯がありますが、
参考までにひとつ動画を見つけてみましたので
ご紹介します。

いかがでしたでしょうか。

 

やはりマジックテープと言うだけあって楽ですね。

あとは好みの帯があれば完ぺきです。

ワンタッチ帯 男性用

 

スポンサードリンク

最後に

いろいろご説明しましたが、

「やっぱり俺は普通の帯の方がいい」

と言う方は、ぜひ動画等を参考に
マスターしてください。

 

確かに普通の帯が結べると粋ですから
そっちの方が納得いくかも知れません。

 

ただ、「そんなにこだわらないよ」

 

と言う方には

一つの選択肢になったのではないでしょうか。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA