平成の次は何時代?『安久』や『安治』になる?新元号を候補から予想する!

日本のおっさんを向上させるブログ
『おっさんフォース』管理人のみつーです。

ネットニュースで新元号の話題がありました。

天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う新元号について、
政府は「昭和」から「平成」に改元した際の
選定手続きを原則として踏襲する方針を固めた。

学者が考案した4案を候補として準備しており、
この中から有識者や衆参両院の正副議長の意見を
聞くなどして一つに絞り込む。

元号は「2文字」とすることや、社会で広く
使われている言葉を避けるなど、

平成への改元時に定めた選定基準も維持する。
政府は陛下の退位を実現する特例法案の成立後、
具体的な選考に入る方針だ。

いよいよ本格的に新元号に変わる準備が
整ってきた感じがしますね。

ああ『平成』も、もう終わるのか。

ただ、ちょっと明るく考えるのが
今上陛下が御存命の内に変わるので

昭和から平成に変わったときのような
悲しい雰囲気の元での切り替えではないので

そこはちょっと良いかと思います。

さて、

新元号も4案に絞られたということで、
公表されないので、今までの候補から

大胆に予想してみました。

スポンサードリンク

次の元号の候補は12案あった

みつーが調べたうえで分かったのが
新元号の案は12案あったと
ウワサされています。

それがコチラ

「安始」「新和」「平安」「平和」「平保」「平悠」
「平平」「光成」「永成」「延成」「天成」「久成」

この中で『平平』ってあるけど、
この読みは『へいへい』でいいのかな(・・;)

そんなファンキーな元号でいいのかなぁ・・。

それでは1案ずつ考察してみます。

次の元号は「安始」か?

これは違うでしょう。

『安』を『始める』って何?

って感じですよね。

『冷やし中華』を『始める』
みたいですよね。(^_^;)

だからないでしょう。

 

次の元号は「新和」か?

『新和』かぁ・・・。

読みは『しんわ』でいいのかな?

ちょっとカッコイイから
『あり』っちゃ『あり』ですよね。

でもそんな名前の会社がありそうですが。

『新和』で検索すると

『新和工業』という会社がありました。

ちょっと可能性が下がったかもなぁ。

 

次の元号は「平安」「平和」なのか?

これはたぶんないでしょう。

だって『平安時代』っぽいし

『平和』って普通に使っている言葉ですから。

一般に使われている言葉は避けるという
そういう改定基準なので、

この二つはないでしょう。

 

次の元号は「平平」「光成」か?

この2つもないでしょう。

『平平』はファンキーすぎますし、

『光成』はなんか化学製品ぽい
イメージがあります。

漢字の流れから『光化学スモッグ』を
想像してしまうのは私だけでしょうか。

スポンサードリンク

次の元号の候補をさらに絞る

のこるは、

「平保」「平悠」「永成」
「延成」「天成」「久成」

この6つです。

みつーが持っている情報が
政府案と同じであるなら

この6案の中から出てくるでしょう。

独断と偏見でさらに4つに絞ると

「平保」「平悠」「永成」「天成」

この4案になりました。

完全に独断と偏見ですが、

簡単な漢字と、文字から感じるイメージで
この4つに絞りました。

さらにここから1つに絞るとなると、

スポンサードリンク

大胆予想!平成の次は永成か天成時代だ!

次の元号は『永成』か『天成』に
なるのではと予想します。

と言うか消去法です。

「平保」は、読みが「てんほ」でしょ。

なんか抜けた感じがするので
却下しました。

あと『平悠』も良かったのですが、
悠仁親王を連想したので、

これは後に取っておいた方が
いいかもって思ったので、

今回は外しました。

しかし、本音を言えばこの『平悠』が
文字として一番かっこいいですね!

まとめ

今回、いろいろと新元号を
考えてみましたが、

これっていうものって
あんまりないですね。

ちなみにアルファベットで考えると

「永成(eisei)」「延成(ensei)」「久成(kyuusei)」

この3つからになりますね。

他はHかSですから、
平成と昭和に被ってしまう。

 

ああ、選考をミスってしまった(@_@;)

この中だったら「永成」が良いかな。

「延成」もいいけど漢字が複雑だし。

やっぱり次の元号は

「永成」だと予想します!

 

それでは、

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

こちらの記事もどうぞ⇒新元号は『陽光』になるのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA