代理母出産のメリット、デメリット、費用と問題点を調べた!

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

 

丸岡いずみさんという元日テレの
キャスターが代理母出産をして男の子を授かったそうです。

おめでとうございます!

 

ただ、日本では、代理母出産について
いろんな意見があります。

 

「親のエゴだ!」
「自然に反している!」
「人身売買の一種だ!」

 

などなど、

他にメリットやデメリットもありますから
意見もさまざまです。

 

私の周りにも反対する人が多かったです。

 

他にも法律や医療規制の問題、
費用的な問題など

多くの壁がありますが、

 

私自身、代理母出産というものを
よく知らなかったので、

この機会に色々と調べてみました!

スポンサードリンク

代理母出産のメリットとは

一番大きなメリットといえば、子供が望めなかった
カップルにも授かるチャンスを与えられるということでしょう。

 

晩婚による不妊とか、なんらかの病気で
子供が産めない状態であったとしても

 

医学の力でそれらを乗り越えることができるのですから。

 

先進国はどんどん晩婚化していますので、
こういった制度は本当にありがたく思うでしょう。

 

代理母出産のデメリットとは

日本で代理母出産をしてくれるところが
無いために、海外で行なうことになります。

 

仲介業者や渡航費など、
どうしても高額になってしまいます。

 

スポンサードリンク

代理母出産の費用っていくら?

代理母出産の費用としては
2018年現在で

 

●アメリカ 2500万円以上

●東南アジア 200~600万円

●ロシア・ウクライナ 600~1000万円

 

だいたい上記のような費用になります。

アメリカが主流らしいですが、
丸岡いずみさんはロシアでやったそうですね。

 

ちなみにタイでは2015年に、
外国人への代理母出産を禁止しています。

技術的には先進国で、
しかも費用が安かったのに禁止されてしまいました。

スポンサードリンク

代理母出産の問題点とは

日本では医学的な問題と法律的な問題があります。

まず民法では1962年の最高裁の判決により
「母子関係は分娩の事実により発生する」

とありますので、

 

代理母だと、これに合致しません。

さらに2007年の最高裁判決でも
「自分の卵子を提出した場合でも今の民法では母子関係の成立は認められない」
との一般判断を初めて示しました。

 

現在も代理母出産では出生届を受理されず、
特別養子縁組という親子関係になります。

(実生活では問題はないようです)

 

あと、倫理面の問題もあります。

およそ、代理母になる「ホスト・マザー」は
低所得者がほとんどです。

お金の力で人に産ませるという
自然に反する行為は倫理的に問題があるといえるでしょう。

「人身売買になるのでは?」という意見もあります。

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

まとめ

 

賛否両論の”代理母出産”ですが、

私は賛成です。

 

人身売買という指摘もありますが、
私の基準では違いますね。

 

確かに子供の意思を聞く事はできないですが、
代理母出産自体が子供を不幸にしているとは
思えないですね。

 

純粋に子供に会いたいという気持ちを
私は理解出来ます。

あと、

「自然に反している」という意見。

確かにそんな風にも見えますが、
科学は人の力です。

 

人が自然のモノであるならば、
その力も自然のモノだと思います。

 

他に、

 

低所得者に対してお金の力に
モノを言わせて行っている。

 

そんな意見もありますね。

 

それは理解できますが、
強制的でなければ良いと考えます。

 

逆に言うと、これを規制すると言うのは
お金を得る機会を減らしているとも言えます。

 

お金がない苦しみも理解できますので、
選択肢を狭める必要は無いと思います。

 

ちょっとドライだけど、全員が納得出来るのは
認可する方向だと思うのですが、

皆さんはどう感じましたでしょうか。

 

 

赤ちゃんを抱っこしたときの
なんとも言えない幸せな気持ちは

 

多くの人に味わって欲しいです。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 私も代理母出産には賛成です。
    私の知人に子宮の病気で妊娠が出来ない人がいます。それが原因で長い事苦しんでいましたところ、彼女の姑さんが出来ることなら代理母になってやりたいよと言ったそうです。
    きっとあなたの所にきたがってる赤ちゃんがいるのに、あなたにはそのゆりかごが無くなってしまったから、誰かのゆりかごを借りたいと赤ちゃんも思ってるはず。だから他人からゆりかごを借りて、自分の所に来るべく赤ちゃんをお迎えしても良いと思うよと言われたそうです。
    子宮だけでなく、卵巣機能不全にもなっていたが、そこを集中治療して代理母出産を依頼したとのことでした。
    考えが古そうな年配の姑さんが費用など全て負担してあげた上に精神的にもとても救われて、自分の子供にもあえて本当に凄く幸せに見えました。

    自分で産んでも育児放棄をする人も居れば、自分で産んでないけどちゃんと愛する人もいるので、自分で産むことが前提の医学も考えも未熟な古い法律なんか誰も幸せにならないと想います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA