【仮想通貨】評論を調べて分かった、詐欺の4パターン

日本のおっさんを向上させるブログ
『おっさんフォース』管理人のみつーです。

先日、知人から『OZプロジェクト』という
仮想通貨の投資案件を聞きました。

こういう話は詐欺を疑わないといけないので
色々調べると、速攻「詐欺」と分かりました(^_^;)

 

しかし、教えてくれた人は、オズプロジェクトの事を
完全に信じてしまい、「今から備えておいた方がいいよ」
とまで言い放って行きました。

そんなことがあって、仮想通貨の事を
みつーなりに勉強してみて分かったことですが、

仮想通貨の詐欺には一定のパターンが
存在するのです。

スポンサードリンク

仮想通貨詐欺のパターン その1

プレセールで4倍以上に増える場合

仮想通貨をオープンする前に、
プレセールと呼ばれる事前販売があるのですが、

大体、第1期~第4期販売ぐらいのプレセールの
グラフをみせられて、

第1期販売とオープンの倍率が4倍以上だと
詐欺の可能性が高いです。

これは高額のお金をチラつかせることで
正常な判断力を低下させる狙いがあるのですが、

そもそも仮想通貨を定着させようとするならば、
あまり倍率を高くしてはいけません。

それが、第1期からオープンで4倍といった
ありえない額を提示された時、

人は何を考えるかと言うと

「こんな危ないコインはさっさと売り抜いてしまおう」

と考えて、オープンと同時に売ろうとするわけです。

これでは定着など出来ません。

まともな仮想通貨だと、1.2倍~2倍までの
倍率で推移します。

あのイーサリアムですら1.7倍だったのですから、
4倍とかいうのは、どれだけ無茶な数字なのか分かります。

 

スポンサードリンク

仮想通貨詐欺のパターン その2

ネットワークビジネスが絡んでいる場合

みつーはネットワークビジネス自体を
否定はしていません。

ちゃんとした人間関係を構築して、
キチンとした商品が介在していれば
何も問題ないと思います。

 

ですが、これが仮想通貨だと問題です。

仮想通貨自体はただのデータですから、
実在しないものです。

その実在しない物で、どうやって利益が
得られるかと言うと、

いわゆる『紹介料』と言う奴です。

あとから参加する人が、参加料なり
定額の出資をしてくれたお金が、
先に参加している人に分配されていきます。

では、後から入った人は見返りがないかと言うと、
そんなことはありません。

だいたい参加してすぐぐらいに、
参加費の数パーセントのお金がもらえたりします。

でも、それって
「自分が払った分が少し戻ってきただけ」
って気がつかない人が本当に多かったりしますから

気をつけないといけないですね。(@_@;)

 

あと余談ですが、ネットワーク系で多いのが、

『8ケタぐらいの高額を稼いでいる人の話を聞いてみよう』

というお誘いです。

その場合はちゃんと証拠を見せてもらってくださいね。

仮想通貨詐欺のパターン その3

あなたのお金がコントロールできない場所にいくシステム

あなたのお金が完全にあなたの手を離れて
第3者によって運営されるときは要注意です。

投資信託とか、そういったものでは
儲けのパフォーマンスは低いです。

そもそも投資信託は大手のものじゃないと
やってはいけないパターンです。

それが、町の隠れた投資信託とか
勝率がとても高いAIトレードとか

そういったものにお金を預けた瞬間、
消えて無くなってしまうのは覚悟した方がいいです。

 

スポンサードリンク

仮想通貨詐欺のパターン その4

仮想通貨交換業者の登録がない業者で購入させられる場合

2017年4月1日から資金決済法が改正されました。

仮想通貨を交換できる業者は登録が
必要になりました。

4月1日以前にある業者に関しては
6月間までは営業できますが、

それ以降は登録が必要になります。

ちなみに4月30日までに登録した業者はありません。

調べ方としては「仮想通貨交換業者 登録」で
検索すると出てきます。

スポンサードリンク

 

詐欺とまでいかないが要注意のパターン

新種のコイン

新種のコインは注意が必要です

すでにビットコインや、イーサリアム、リップルなど
こういった世界的に信用が確立されてきて

リアルな店舗でも決済できるようになっているものは
全然大丈夫なのですが、

これからオープンする新種のコインは
ちょっと微妙な感じがします。

例えば、オンラインカジノとかで、
特定の暗号通貨で遊べるカジノとか、

スマホゲームで特定の暗号通貨で
課金されるゲームとか。

これらは詐欺とまではいかないものの
ちょっと微妙ですよね。

 

なんとなく、個人的な感想ですが、
セガが衰退した状況を思い出します。

 

セガ自身はヒットゲームメーカーでしたが
他の業者がついてこれなくて、
プレステに負けてしまいました。

『ビットコイン』で遊べるカジノとか
スマホゲームとか登場すると

もう勝てない気がしますし。

スポンサードリンク

まとめ

知人から教えてもらった「OZプロジェクト」は

パターン1、パターン2、パターン3、

で、アウトでした(^_^;)
(ほとんどじゃん)

 

しっかし、
いろんな業者が出てきますね(@_@;)

 

どんな案件も欲の皮が張った状態だと
冷静な判断が出来ないから注意が必要です。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

こちらの記事もどうぞ⇒OZプロジェクトって詐欺?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA