ビットコイン(仮想通貨)で自分のプライバシーを守る方法を調べた

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

最近盛り上がりをみせるビットコインですが、
いろいろと問題も浮き上がっているみたいですね。

私自身はビットコインを持っていないのですが、
今後の勉強になると思って素人ながら調べてみました。

 

特に、ビットコインは送金記録が
ブロックチェーンに記録させるので、

誰でも自分の出金記録とか送金記録とか
どこで出金してるかなんてのも

 

分かってしまうのかなぁって
漠然と思っていました。

 

でも、今はミキシングと言う方法で
それをカバーしてるそうです。

 

この記事はこのサイトを参照して書きました。
http://btcnews.jp/what-is-bitcoin-tx-mixing/

 

スポンサードリンク

仮想通貨では、どんなプライバシーが漏れているのか

仮想通貨はQRコードで送金したりします。

 

持っているビットコインのQRコード(公開鍵)を
スマホにいれて送金します。

 

公開鍵さえあれば世界中のどこにいても
簡単に送金できるのですが、

 

その公開鍵さえあれば過去の送金履歴も
バッチリ全て確認することができるのです。

 

送金以外にも、どこでいくら使ったのかも
マルわかりです。

 

どこか飲食店でビットコイン支払いをしたとします。
もし同じ公開鍵を使いまわしていたら、

 

お店にも情報がまわります。

あなたが他に、どんなお店で
いくら買い物をしたのか、

それらも分かってしまいます。

 

同じ鍵を使ってなくても分析ツールで
関連性を見つけ出されると

 

追跡する事も可能になってしまいます。

 

ブロックチェーンは透明性の高い送金を
うたい文句にしていますが、

 

それは逆にプライバシーの侵害の可能性も
含んでいます。

 

これらのプライバシー侵害から守るのが
ミキシングと呼ばれる技術なのだそうです。

スポンサードリンク

仮想通貨のミキシングとは

仮想通貨のミキシングを簡単に言うと、
ミキシングをサービスしている業者に仮想通貨を預け

 

めちゃくちゃ沢山のアカウントの間で
送金を大量にくるくる何千何万と回していき、

 

なにが何だか分からなくして、
元のアカウントに戻すと言う作業です。

 

ただ、どうも完ぺきではないようです。

 

ミキシングの問題点

ミキシングを使うことでプライバシーの
侵害を防げると言うことは

 

それすなわち『資金洗浄』にぴったりの
システムと言うことですよね。

 

『資金洗浄』とは、つまり

『不正に得たやばいお金を使えるようにする』

ということです。

 

やばいお金をそのままもってると危険ですよね。

 

基本的に実社会で使ったら足がついてしまう
可能性があります。

 

ところが仮想通貨に換えてしまえば
海外に簡単に運べてしまうので便利です。

 

ちゃんとミキシングしから送金すると、
追跡も困難です。

 

数年前に破産したMt.GOXの犯人も
他のアカウントに送金した時には、
ミキシングしたと言われています。

 

ただ、最近この容疑者が逮捕されました。

 

彼ら容疑者がつかったミキシングには
ちょっとお粗末なところがあって、

 

それで逮捕されたのですが、

 

どんなお粗末かと言うと、

 

中央集権(つまりMt.GOXのサーバー)が
適切に履歴を削除しきれずにハッカーに
追跡されてしまい、お縄になりました。

 

この手法を【第一世代ミキシング】と呼び、
次の第二世代では、この問題を取り除いた
方法になっています。

 

ちなみに、Mt.Goxで被害を受けた人は、
Mt.Goxから賠償してもらったのですが、

 

その時にビットコインか現金のどちらかを
選べたそうです。

 

それで、

 

ほとんどの人がビットコインを
選んだそうですが、

 

後のビットコイン高騰により、
逆に儲かったそうですよ。

 

 

【第二世代ミキシング】

第二世代のミキシングは『P2Pミキサー』と
呼ばれるもので、

 

先ほどの第一世代の中央集権ではなく
ミキシングをしたいビットコイン保持者が
複数人あつまり、

 

参加者全員で一つのトランスアクションに集約して
再分配する仕組みです。

 

ただ、これだと参加者が多くないと
効果が薄いですし、

 

ミキシングしたいと思うタイミングが
同じ時期の人がたくさん必要になります。

 

しかも、あなた以外の参加者がグルだった場合、
あなたのビットコインの行く先はバレてしまいます。

 

この方法では完全に追跡をかわすことは
技術的に不可能になっています。

 

そこで、第三世代になります。

 

【第三世代 匿名アルトコイン】

最後の手段かもしれませんが、
匿名性をうたったアルトコインに換金することです。

 

現在ですと、

Darkcoin、Zerocoin、Annocoin、Vericoin, Cloakcoin

 

こんな感じですか?

 

一旦、匿名アルトコインにしてから
ビットコインに換金する方法が

もっとも無難なのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

私は仮想通貨にはまだ参加してませんが、
いつかは参加したいですね。

ただ、もう少し様子を見たいです。

どういう方向に落ち着くのか
見てみたいですね。

 

気になるのが、透明性を謳ったブロックチェーンが
プライバシーの心配もしなくてはならなくなった
ということでしょうか。

 

この辺りはどう考えればいいんでしょうね。

 

ただ、これからの値動きは注目してしまいます。

私の勝手な推測ですが、中国が
現在の体制を維持しているかぎり

 

仮想通貨は重宝されるんだと思います。

 

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

こちらの記事もどうぞ⇒仮想通貨の詐欺の4パターン

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA