『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 』2話の感想をまとめてみました

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

菜々緒さんのドラマ「MISSデビル 人事の悪魔・椿眞子』2話感想です。

ネットにある感想をまとめてみました。

スポンサードリンク

あらすじ

入社早々、眞子(菜々緒)が室長を務める「人材活用ラボ」に配属された博史(佐藤勝利)。まずは営業部のエースが集まる第2営業部に研修に行くよう眞子から命じられるが、その目的は単なる研修ではなく第2営業部から「リストラ対象者」を1人選ぶことだった。潜入期間は2週間。その間に博史は“会社に必要ない人材”を見極めて、眞子に報告しなければいけないのだ!
第2営業部のメンバーは部長の浅岡(神保悟志)と面倒見の良い女性社員・夏月(中越典子)、部署の“お荷物”的存在の児島(チャンカワイ)たち。博史は児島をリストラ候補に選ぶが、眞子から相手をリサーチした上で意志決定するという会社員としての基本がなっていないことを見抜かれてしまう。
一方、眞子のやり方に反発した千紘(木村佳乃)は眞子を問いただすが、眞子は自分のやり方を曲げる気はなく…。そんな中、博史のもとに「浅岡が夏月にセクハラしている」という密告のメモが届いた。博史は夏月に話を聞きに行くが、笑って流されてしまう。
先輩の沖津(和田正人)から自分の信じる道を行くよう助言された博史は、「第2営業部にリストラは必要ない」というレポートを作成し、眞子に提出。しかし眞子は、浅岡のセクハラの証拠動画を入手していて…!!

 

ネットの反応

ツイッター

 

 

その他

菜々緒さんと勝利くんの組み合わせ好きです!
楽しみ(´∇`)

 

前回、意外と面白かった…。
今日も見てみる

 

内容は全然違うけど、
ちょっとプラダを着た悪魔を連想してしまうタイトルと写真

 

楽しみです!!公式サイト観たらまえだまえだと
もう1人女性また出てくるみたいね

 

菜々緒
まつ毛不自然すぎだよ
もうちょっと抑えめでもいいのに

 

船越の目つきなんかいやらしいわ 笑

 

西田さんここでもアドリブ入れてるのかな(笑)

 

会社にこんな美人おったら仕事にならんわ 笑

 

脚も綺麗だけど
毛穴がないの本当に羨ましい

 

1人解雇しなきゃならないなんて、
後で恨まれそうですごく嫌だわ

 

菜々緒、ここまで不自然な顔だった?
オデコ辺りが不自然すぎて怖い

 

クビにする人を決めるなんて嫌な仕事だな。
こないだクビきられた嫌なやつの取り巻きの人でいいんじゃない?

 

 

最終回あたりで、実は菜々緒が船越英一郎に陥れられて、
それを佐藤勝利が助けるというパターン?

 

まとめ

Missデビル第2話のテーマは
『セクハラ』ですかね。

部下にセクハラを働く上司ということで、
浅岡部長をリストラの対象としますが、

実は女性社員もズルをしていたと椿眞子が突き止めます。
あれで夏月(中越典子)は吹っ切れたのかもしれませんね。

部長はお咎め無しかと思いきや、
眞子が自ら体を張って、

セクハラの事実を突き止めます。
眞子のケツを触るとは大胆不敵な身の程知らず。
毎回制裁は回し蹴りなのでしょうか。

大沢(船越英一郎)と博史(佐藤勝利)の父が
知り合いだということは何かありそうですね。

おそらく修(鶴見辰吾)が車椅子なのも
何かの伏線なのかなぁ。

第3話ではその辺りについても
触れられていくのでしょうか。

まだまだ物語の核心には
たどり着いていないようですが

面白くなりそうです

それにしても、やっぱり菜々緒さん演じる眞子は
いい人なのかも知れないですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA