『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』1話感想まとめてみました

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

最近、菜々緒さんの人気が急上昇しているといことで
あまりドラマをみたい私もチェックしたいと思います。

まず、2018年4月14日スタートのドラマ
『MISSデビル 人事の悪魔・椿眞子』
1話の感想をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

ストーリー

老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、家族に愛されて育った心優しい青年。就職活動中に親しくなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)と共に、晴れて入社式の日を迎えた。
初めての会社員生活に挑む彼らを待ち受けていたのは、「社員は家族」をモットーとする会長の喜多村(西田敏行)と、腹の奥で何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、切れ者だが心優しき人事部長・千紘(木村佳乃)。そして、大沢の抜擢で「共亜火災」にやってきた人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。博史たちは、入社翌日から眞子の元で新人研修を受けることになった。
そしてスタートした2週間の新人研修。初日に眞子が新入社員に課したのは「退職願い」を書くことだった。その場で50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言する眞子。博史たちは10組のチームに分けられ、様々な課題で順位を競うことに。
ランニングや穴掘り、チームの仲間の欠点を挙げるなど、過酷な研修に取り組む博史たち。新入社員たちは次第に疲弊し、研修初日に書いた「退職願い」を提出する者が出始めた。事故で足が不自由になった父・修(鶴見辰吾)と家族のために、歯を食いしばって研修に耐える博史。一方、財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)と同じチームになった南雲は、日下部とその取り巻きによって精神的に追い詰められていく。そして遂に30人以上の新入社員が「退職願い」を提出。眞子のやり方に疑問を抱いた千紘は、研修を中止するよう申し入れるが…!?

 

スポンサードリンク

Twitterの感想

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ガールズちゃんねる感想

まじこんなスタイルになりたいわ

菜々緒にぴったりな役(笑)

このドラマの菜々緒化粧濃すぎるよね。そういうキャラとわかっていても濃すぎると思う。

ドラマ見てたら主題歌しっくりくるかな? 
今のところ全然合ってない気がする

 

佐藤勝利って棒演技だよね

このドラマ視聴率悪そう 
魅力的なキャストがいない

 

菜々緒の部屋寒そう

 

始まった!ずっと楽しみにしてた! 
勝利最高!勝利大好き!

 

ダメだ船越さんを見るとどうしても松居一代がチラつくwwwwww

 

まえだまえだも、社会人に見えない

 

スポンサードリンク

 

まとめ

衝撃的な展開に見入ってしまう人も多いようです。
しかしながら、辛口コメントも沢山ありましたので、

本当に賛否両論なドラマのようです。

新入社員を50人から10人に減らすために、
恐ろしい事を仕掛ける菜々緒にも賛否あるでしょう。

そう言えば自分の欠点を紙に書かせて
みんなに見せられるってあったけど、

あれって、テキトーにできんもんかと
思いましたね。

私はああいう輩は得意です。

このドラマみて就職意欲が下がるやつに言いたい。

「こんなんでビビるなよ!」

こんな社員研修って今もあるんやろうか?

バブルの時代はいっぱいあったけど、
弾けたあとは簡素なものになったと思うけどな。

今後、佐藤勝利演じる正義感の強い青年が、
菜々緒とどう絡むのかも見どころですね。

あと菜々緒のキックに感動するコメントも
多かったです。

1話で気になったのが、

・冒頭の家が火事になって泣いていた少女
・博史のお父さんと社長の関係

次回以降にこの謎が明かされていくのでしょうか。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA