消滅可能性都市とは?全国一覧と対策を考えた

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

消滅可能性都市という話があります。

一言で言うと、

『存続がヤバイ都市』

 

という事なのですが、
もう少し詳しく説明します。

 

あと、どうやったら解決できるかも
調べてみました。

スポンサードリンク

消滅可能性都市とは

▽…少子化や人口移動に歯止めがかからず、将来に消滅する可能性がある自治体を指す。増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる日本創成会議が5月に打ち出した考え方。全国の市区町村の半分にあたる896自治体を指定して、早急な人口対策を促した。

▽…具体的には、20~39歳の女性の数が、2010年から40年にかけて5割以下に減る自治体を消滅可能性都市に選んだ。子どもの大半をこの年代の女性が産んでおり、次の世代の人口を左右するからだ。
出典:https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H0H_T20C14A9NN1000/

 

要するに出産適齢期の女性が都市全体の
50%以下になった地方都市の事を言うそうです。

 

つまり、これ以上の人口増加は見込めないってことでしょう。

 

一組のカップルが一人だけ出産すると半減。

最低でも二人を産んでくれないと
どんどん減っていく構造になりますからね。

 

2018年の出生率は『1.45人』
 (内閣府 2018年1月11日更新)

経済成長すれば『1.8人』まで伸びると言われてますが、
コレには国民が正しい政策を打ち出す政党に、
キチンと投票するという見識が必要です。

 

スポンサードリンク

消滅可能性都市はなぜ現れるのか

消滅可能性都市の出現は簡単に言うと人口減少です。

1980年頃をピークに徐々に出生率が
下がって来ましたが、2005年に底をうって
『1.25』まで下り、

そこから徐々に回復傾向になっています。

出典:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53083?page=2

 

1985年~1990年ぐらいはまさに
バブル景気の頃ですね。

 

そこからバブルが弾けて
ずるずると2005年まで下がり続けました。

 

たしか小泉政権の『いざなぎ景気』とよばれる
景気の回復があったころです。

 

まぁ、いずれにしても出生率が『2』を
下回れば必ず減少に転じますので。

 

消滅可能性都市が現れた原因が人口減少によるものであれば
出生率が『2』を下回ればいずれ出てくる話です。

 

スポンサードリンク

消滅可能性都市を防ぐ対策とは

 

消滅可能性都市を防ぐ対策はすなわち

「少子化対策」と「地方創生」

 

この2つでしょう。

少子化対策

現在、政府が掲げている主な政策は
『幼児教育の無償化』

 

これぐらいですかね。

 

これから教育無償化なども議題になってますが、
それはこれからでしょう。

 

また、今後も政府は対応していくことだと思いますが、
どれも、「現在、子供がいる家庭にもうひとり追加」を促す政策ばかりです。

 

たしかに、それだと「結婚しない自由」も守れるのですが、
人口増加には、イマイチの効果になります。

 

じつは、人口学でいえば、
結婚率を上げることが一番効果があるそうです。

 

これまでの政府は、結婚率を上げる政策を、
掲げた事がありません。

 

たしか、政府がお見合いを
公的機関としてやるってのが批判されていました。

 

でも、もうそろそろ、そんな事も
言ってられないような気がします。

 

あと他に、民間の面白いアイデアもありました。

 

1.結婚は金がかかるという幻想を捨てさせる
2.教科書に出てくる家庭は全て共働き
3.アニメ、ドラマは全て共働き設定にする
4.『セレブ妻』タレントの禁止
5.「結婚はいいものだ」という洗脳をする

 

などなど。

 

まずは何でもやってみるといいのではと思います。

これが答えだ! 少子化問題 (ちくま新書) [ 赤川 学 ]

 

地方創生

地方創生はジオパーク事業が有名ですね。

ジオパークとは、一言で言えば

「地球をテーマにした、でっかい公園」 

です。

詳しくは公式サイトに譲ります。

 

あとは、地方の生産性を上げる取り組みをして
その土地の経済を活性化させること。

つまり、現地のビジネス拡大しか方法はないでしょう。

・生産性改善、労働力増加(60歳以上・女性)、ロボットによる無人化省力化
・多くの人が自由にチャレンジできる素地を作る。
・産業育成と仕事創出。
・民間経営による補助金に頼らないシステム。

 

こういった事が必要になるでしょう。

 

地方は消滅しない! [ 上念司 ]

スポンサードリンク

消滅可能性都市 全国一覧

 

■消滅可能性都市ランキングワースト50 2010年から30年間での20〜39歳の女性人口の減少率順

1位 南牧村89.9 群馬
2位 川上村89.0 奈良
3位 今別町88.2 青森
4位 奥尻町86.7 北海道
5位 木古内町86.5 北海道
6位 神流町85.5 群馬
7位 夕張市84.6 北海道
8位 歌志内市84.5 北海道
9位 松前町84.4 北海道
9位 福島町84.4 北海道
9位 吉野町84.4 奈良

12位 下仁田町83.7 群馬
12位 那賀町83.7 徳島
14位 室戸市83.4 高知
15位 粟島浦村83.2 新潟
16位 外ケ浜町83.1 青森
17位 南山城村83.0 京都
17位 高野町83.0 和歌山
19位 東吉野村82.7 奈良
20位 東秩父村82.6 埼玉
20位 神山町82.6 徳島

22位 妹背牛町82.1 北海道
23位 早川町82.0 山梨
24位 能勢町81.4 大阪
25位 能登町81.3 石川
25位 若桜町81.3 鳥取
25位 大月町81.3 高知
28位 南幌町80.9 北海道
29位 曽爾村80.6 奈良
30位 新上五島町80.4 長崎

31位 大豊町80.2 高知
32位 豊能町79.8 大阪
33位 中泊町79.7 青森
34位 深浦町79.3 青森
34位 笠置町79.3 京都
36位 三笠市79.0 北海道
36位 豊富町79.0 北海道
36位 愛南町79.0 愛媛
39位 紀美野町78.8 和歌山
40位 奈井江町78.6 北海道

41位 すさみ町78.5 和歌山
42位 上砂川町78.2 北海道
43位 鮭川村78.1 山形
43位 奥多摩町78.1 東京
45位 小谷村77.9 長野
45位 三好市77.9 徳島
47位 七戸町77.8 青森
48位 上ノ国町77.7 北海道
49位 津和野町77.5 島根
50位 栄町 77.3 千葉

 

50以下はこちらのリンクをご覧ください。

 

まとめ

『消滅可能性都市』だ!とか言ってないで
なんとかする覚悟を持って欲しいですね。

 

悲観的になっても何も解決しません。

 

まずは地方にビジネスを持ってくる。

 

仕事を作って海外に打って出る、もしくは
都会に出荷出来るものを作る。

 

そんな気力が必要です。

 

始めているところは走り出しています。

 

目に見える困難には必ず打開策があると信じて
地方に住む人たちにエールを送りたいと思います。

 

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA