sfts(重症熱性血小板減少症候群)はマダニの、どの種類から感染するのか

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

近所の公園で良く野良猫に
えさを与えている人がいます。

 

私も動物が好きなほうなので、
遠くで眺めていたりします。

 

町中の野良猫はまだ大丈夫だと思いますが、
山の近くにいた野良猫は注意が必要です。

ヤフーニュースで次のような報道がありました。

野良ネコに噛まれた西日本に住む女性が、
去年、死亡しました。

ネコを介して「マダニ」のウイルスに感染したとみられ、
動物からヒトへの感染が確認されたのは、国内で初めてです。

厚生労働省によりますと、去年夏ごろ、
西日本に住む50代の女性が弱った野良ネコを
病院に連れて行った際に手をかまれ、

数日後に、SFTS=重症熱性血小板減少症候群を発症し
亡くなりました。

SFTSは、山の中などにいる「マダニ」を介して
うつる感染症で、4年前に国内で初めて確認され、
これまで57人が死亡しています。

死亡した女性は「マダニ」には噛まれておらず、
野良ネコから感染した可能性が高いということです。

国内で動物からヒトへの感染が確認されたのは
初めてです。また、6月ごろには、

ペットのイヌとネコのSFTSの発症例も
初めて確認されました。

神戸大学病院の岩田医師は、

「これは非常にまれなケース。お家でペットを飼われている方が、
今すぐ何か特別なことをするということは全く必要がない」

「室内のダニでは感染しないので、心配しなくていい」

と話しています。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00010000-asahibc-sctch

 

弱っている生き物を見たら
助けてあげたくなると思うのですが、

 

このような報道を見ると
注意が必要だと思いました。

 

この記事は厚生労働省のサイトを参考に
作成しました。

参考元:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

 

スポンサードリンク

SFTSウイルスを保有しているマダニの種類とは

SFTSは全てのマダニが保有しているわけではありません。
日本には47種類のマダニがいますが、そのうち国内で

 

SFTSが確認された種類は以下の5種類です。

・フタトゲチマダニ
・ヒゲナガマダニ
・オオトゲチマダニ
・キチマダニ
・タカサゴキララマダニ

 

これらのマダニの画像も検索すれば
たくさん出てくるのですが、

 

見ていてあまり気持ちの良いもので
なかったので、止めておくことにしました。
(-_-;)

感染を予防するにはどうすればいいか

マダニに咬まれないようにするのが一番です。
マダニの生息地は野山なので、

不用意に近づかないのがいいのですが、
登山などで山に入る場合は

マダニにも効果のある虫よけを使いましょう。

 

極力肌の露出を避けるため、長袖、
長ズボンはもちろん
帽子や手袋を着用しましょう。

 

そして、入浴時にマダニに咬まれていないか
確認しましょう。

 

もし咬まれていた場合は、
皮膚科で除去してもらってください。

 

もしくは、マダニ除去ようの
グッズもありますのでこちらも有効です。

 

マダニに咬まれてしまったら

マダニが人にかみつくと、
皮膚にしっかり口器を突き刺し、
長時間吸血します。

中には数日から10日以上
吸血し続けた例もあります

 

その際に咬まれたことに気がつかない場合も
多いと言われています。

 

吸血中のマダニに気が付いた際、
無理に引き抜かない方がいいです。

 

無理に引き抜くとマダニの一部が
皮膚内に残って化膿したり、

マダニの体液を逆流させてしまったり
する恐れがあるので、

皮膚科などで処置してもらってください。

 

また、マダニに咬まれた後、
数週間程度は体調の変化に注意をし、

 

発熱等の症状が認められた場合は
医療機関で診察を受けて下さい。

SFTSの治療法

SFTSの有効な治療法は
まだ確立されていないようです。

動物実験で効果のあった薬はあるそうなのですが、
実際に人に対する効果は証明されていません。

現在のところ、対処療法のみとなっています。

治療法が確立できていないのは、
それはすなわち、感染する人が少ない

と言う事なのでしょう。

でも不安ですね。

早く治療法が見つかって欲しいです。

スポンサードリンク

まとめ

私の知人で昆虫好きな人がいて、
夜中に森の中へオオクワガタを取りに
行くそうです。

しかも、一人で懐中電灯とヘッドライトだけ
という軽装備で行くのです。

「怖くないの?」って聞いたら

『そのレベルは過ぎました』

と、よくわからない回答が来ました。(^_^;)

 

それで、クワガタを取って帰ってくると
だいたいマダニに咬まれてくるのですが、

 

無理やり取ると余計にひどくなるので
ライターであぶって取ると言っていました。

 

しかし、ライターであぶる方法は
ヤマビルには効果的なのですが、

マダニには注意が必要です。

 

火であぶったときにマダニが死なないように
慎重にしないといけません。

 

マダニが死んでしまうと、引き抜いたときに
マダニの口が残って化膿する恐れもありますので。

 

皮膚科に見てもらうのが無難なようです。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA